むくみ 成分

MENU

むくみが気になる時に摂りたい成分とは?

むくみ|成分

むくみの解消を目指す上で欠かせないのが毎日の食事です。

 

人は食事から基本的な栄養を補給することで、体の中の細胞や組織の生まれ変わり(新陳代謝)を繰り返して健康を維持しています。

 

むくみやすいという方の場合はむくみの原因となる血液の巡り、水分の調整といった点に関わる成分や栄養を補給することも大切です。

 

いつも夕方に脚がむくむといったむくみが気になる時に効果的な成分があるなら嬉しいですよね。
むくみは着圧ソックスやマッサージ、ツボ押しといった外側からのケアだけでなく、体の内側のケアをしっかりと行うことで、根本的な改善を目指せる点が多いです。

むくみ対策に役立つ成分

むくみやすいという方におすすめされている成分が

  • ミネラル(主にカリウム・カルシウム・マグネシウム)
  • ポリフェノール(カルコン・クマリン・レスベラトロール・アントシアニン・ケルセチン・カテキンなど)
  • サポニン
  • ショウガオール
  • ビタミン類
  • タンパク質

などが挙げられます。

 

ミネラル(主にカリウム)

体内の水分調整や浸透圧の調整などに関わるミネラル補給はバランス良く補給したい栄養素です。特にナトリウムと共にむくみと関わりの深いカリウムは水分調整をする上で、ナトリウムの排出を促すなど塩分過多になりがちな食生活を送る現代人にとっては補給したいミネラルと言えます。

 

厚生労働省が推奨する日本人の食事摂取量基準の2015年度版でのカリウムの一日の摂取量目安は
18歳以上の男性で2.500mg、女性で2,000mgとされており、目標摂取量は3,000mgとされています。

 

ポリフェノール(カルコン・クマリン・レスベラトロール・アントシアニン・ケルセチン・カテキンなど)

ポリフェノールという言葉はテレビでもよく聞かれるようになりご存じの方も多いと思いますが、抗酸化成分で自然界には4000種類以上もの種類が存在します。植物が持つ渋みや苦みの成分でもあり、色素(赤や紫など)の成分でもあります。これらは植物が光合成をする際に合成され、紫外線や外敵から身を守るために作られると言われています。

 

これらの働きとして挙げられるのが、活性酸素による細胞の老化(酸化)を防ぐ抗酸化力と血圧や血糖値の調整、血行を促すサラサラ作用などがあります。
他にも種類によっては利尿作用を持つ成分もあり、巡りを促すのに役立つ成分が多いです。

 

むくみ改善のための医薬品でも赤ぶどう葉に含まれるレスベラトロールを含む薬も登場するなど、効果・効能が期待できる医薬品の分野でも用いられています。

 

細胞の老化は新陳代謝を停滞させてしまう原因でもあり、体の巡る力を衰えさせてしまうことにも繋がるため、アンチエイジングの面でも摂取がおすすめされている成分です。

 

サポニン

植物の根や葉、茎などに含まれる成分で血管の中で過酸化脂質(動脈硬化の原因にもなる物質)の生成を抑制する働きがあり、血液循環をサポートにも働いてくれます。

 

特にコレステロール過多な生活習慣病予備軍の方におすすめされることも多く、臨床試験では生活習慣病に関わる疾患の緩和に役立つという結果も出るなど、注目の成分です。高麗人参や田七人参など古くから健康に役立つとして知られるものにも含まれています。

 

脂質が多い食生活の方は血液がドロドロと巡りが悪くなりがちです。この状態の原因でもある悪玉コレステロールを低下させるといった働きもあると言われています。

 

ショウガオール

生姜に含まれる成分でジンゲロールという成分があり、血管に届くと冷えなどで細くなった血管の拡張に働くため、冷えを感じやすい女性におすすめの成分です。

 

ショウガオールは生姜を加熱することでジンゲロールの一部が変化した成分で、熱を作りだす成分と言われています。

 

生姜は加熱して摂ることで、体を温めてくれるというのは古くから民間療法でも用いられてきた歴史がありますが、この働きがポイントとなっています。

 

ビタミン類

ビタミン類には抗酸化力が高いビタミンC、Eやタンパク質の分解や血液を作るのに関わるビタミンBなど健康維持に欠かせない栄養素です。
野菜摂取量が減ってきている現代の食生活で不足しがちな栄養素でもありますので、しっかりと補給したい栄養です。

 

タンパク質

筋肉や組織を作る上での基本となる栄養素でもあり、タンパク質の基本となるアミノ酸は体の中で合成される非必須アミノ酸と体の中で作られない必須アミノ酸の20種類があり、これらは健康維持のために様々な点に関わっています。

 

運動不足で筋肉の衰えを感じるという方にとってもタンパク質は大切ですので、食事などから補給することが大切です。

 

食事だけでなくサプリでもむくみ解消に役立つ成分が摂れる

忙しい現代社会では偏った食事になってしまい必要な栄養素はサプリで補うのが定番になってきています。
食事で栄養をとるのがやはりオススメですが、サプリで不足しがちな栄養素を補うことで健康維持をサポートしてくれます。

 

特に野菜が苦手など食事が偏りがちな方にとってはバランスを保つ意味でもサプリメントは有用ですし、アメリカなどでは健康を維持する上でサプリメントを利用するという意識は日本よりも定着しています。

 

むくみ対策サプリのおすすめな点

夏は暑くなるとやはり水分も取りすぎてしまいます。どうしてもむくみやすくなる季節です。
むくみとりサプリの成分はカリウムが有名です。逆にむくみで悩んでいる人はカリウム不足に注目してみることも必要です。

 

カリウムは海藻類、野菜、豆類に含まれていて摂取しやすいのですが、半分以上は熱で破壊されて減ってしまいます。そのため、食品に含まれる栄養素は本来含まれている含有量をそのまま摂取できているとは限りません。

 

サプリメントのメリットはここにあり、補いたい栄養を手軽ながら効率良く補給することができる点です。
これによって毎日の食生活をサポートしてくれます。

 

単一成分ではなく食品由来原料でバランスを向上させている

また、むくみ対策のサプリはカリウムなど単一の成分を配合するだけではなく、ビタミン、ミネラル、アミノ酸といった毎日の健康に必要な栄養素が補給できるように、これらを含んだ食材などを原料にして配合しています。

 

これによって、どれか一つの成分に偏って摂取するのではなく、あくまで食事の延長、補助としての栄養補給をサポートしてくれるため、栄養バランスが偏りがちな方にとっては心強いです。

 

例えば、カリウムが豊富なとうもろこしのひげ、レスベラトロールを含んだ赤ぶどう葉エキス、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を含んだ明日葉など原料自体で栄養価が高いものを配合しています。

 

まとめ

ご紹介した成分はどれも食事の中にも取り入れられる成分ですが、毎日しっかりと補給するのは大変です。
そういった悩みに寄り添ったのがむくみが気になる時に摂りたい成分を余すことなく詰め込んだむくみ対策サプリです。

 

お薬ではないので、アレルギーや過剰摂取といった点を除いて安心して飲めるのも魅力です。バランスの取れた食生活を目指しながら体本来の巡りを保つための栄養補給として意識してみてはいかがでしょうか?

 

>>むくみ解消サプリ特集はこちら

 

 

 

>>TOPページへ


関連ページ

顔がむくむ原因は?
顔がむくんでしまう原因を知ることで慢性的なむくみの悩みを解決できる可能性があります。顔のむくみの原因を解説しています。
脚のむくみの原因とは?
脚のむくみの原因について解説しています。ふくらはぎ・足首・足先のむくみなど多くの方が感じやすい足のむくみ対策の知識をご紹介します。
全身のむくみの原因とは?
全身のむくみの考えられる原因について解説します。病気が影響しているむくみと生活習慣による一過性のむくみとの見分け方のポイントについてもご紹介しています。
むくみの原因は水分不足?
むくみの原因には個人差がありますが、様々な原因から引き起こされます。水分不足によってむくむという説がありますがこの説について解説します。
塩分の摂り過ぎがむくみの原因になる理由
なぜ塩分の摂り過ぎがむくみの原因となるのか?という疑問について解説しています。
むくみの原因は腎臓にあるって本当?
むくみの原因は様々ですが、その中の一つに腎臓の機能の低下などによって起きているケースがあると言われています。病気にも繋がる可能性があるので、注意が必要です。
むくみは頻尿が原因?
むくみは頻尿が原因になることはあるのか?という疑問に対して解説します。
むくみを解消に役立つ食べ物とは?
むくみを解消を目指す上で意識したい食べ物について解説しています。むくみの根本的な改善は体の内側を整えることがとても大切です。
むくみとリンパの関係
むくみとリンパの関係についてリンパ液の基本的な働きを交えて解説しています。
むくみと頭痛の関係
むくみと頭痛の関係について解説します。むくみを引き起こす頭痛の正体やその原因となる生活習慣をチェックしましょう。
むくみと眠気の関係とは?
むくみと眠気の関係について解説します。睡眠不足によって起きるむくみの症状やむくみと共に感じる眠気の考えられる状況や症状についてご紹介しています。
むくみと便秘は関係とは?
むくみと便秘の関係性や影響について解説しています。便秘とむくみをどのように解消したら良いかわからないという方に役立つ情報を掲載しています。
クインケむくみとは?
クインケむくみ(血管性浮腫)と呼ばれるむくみについて原因や症状の特徴、対処法について解説しています。