むくみ リンパ

MENU

リンパの流れを改善してむくみを解消しよう!

むくみ|リンパ

むくみは血液中の水分が染み出すことで、余分な水分が溜まるというのが基本とされています。
そのため、基本は血液循環をスムーズにする、促すことでむくみ解消に近づきます。

 

ただ、それだけでは完全なむくみ解消とはならない場合があります。

 

というのもむくみは血液循環だけでなく、リンパの流れも重要だからです。

 

リンパ管・リンパ液とむくみの関係

リンパ管を流れるリンパ液は体内で、老廃物を受け取って排出する浄化作用と外部からのウイルスや病原菌から守るために戦うリンパ球が免疫システムとして働いています。

 

人間の細胞の間には、細胞間質液というものが溜まっています。この細胞間質液は、主に、水分や細胞の活動によって生じた老廃物が含まれています。
この細胞間質液が一定以上溜まると、通常は、リンパ管から静脈に流れ、静脈内の血液によって腎臓に送られます。さらに、尿とともに体外へ排出されます。
むくみと関わりが深い点としては血液の液体成分であるリンパ液は細胞間をゆっくりと浮かびながら表面に付着した不純物を洗い流してくれる役割をするのがリンパ液の流れが悪い、あるいは静脈内の血液の流れが悪い等の原因により、細胞間質液の排出がうまくいかないと、この間質液が細胞内に溜まりすぎてしまい、皮膚の下側がぱんぱんに膨れ上がります。これがむくみです。

 

リンパ液はリンパ節に集まる

リンパ管はそれぞれの途中にリンパ節が存在しており、体の中を巡りながらここで老廃物などをろ過することで浄化していきます。これによってウイルスなどの異物を排出する働きを担っている免疫器官Dとなります。

 

リンパ節の場所は首、鎖骨、わき、腹部、そけい部、腰、ひざ裏などがあり、1か所に2〜10個ほどのリンパ節が集まり、全身には600個ほどあると言われています。

 

このリンパ節に周囲のリンパ管が集まっています。

 

リンパマッサージはこのリンパ節をポイントとしてここまでの流れを促すことで、老廃物の排出をサポートするというのが基本となっていますね。特に顔のむくみなどはこのリンパマッサージをすることですっきりすることも多く、リンパの流れとリンパ節の働きはむくみ解消に大きく関わっていることがわかります。

 

リンパ管の種類と場所

リンパ管も静脈と同じく、浅い場所を通る管と深い場所を通る管があります。
深リンパ管は血管に沿うように走っています。浅リンパ管は皮下静脈と同じ方向に走っています。

 

浅リンパ管は皮膚の下3〜4mmと浅い箇所を通っています。リンパマッサージの際に刺激するのはこの浅リンパ管が基本となっています。

 

リンパの流れが悪くなる原因とは?

リンパ管、リンパ液といったリンパ系は血管と同じように体中を巡っています。また、リンパ管を流れるリンパ液は血液循環のような心臓によるポンプ機能が無く、周囲の筋肉や内臓の刺激によって循環が促されています。そのため、乱れた生活習慣や、立ちっ放しや座りっぱなし、寝不足、ストレスや、締め付ける下着といった影響を受けやすいです。

 

筋肉の刺激によって循環を促しているというわけですから、運動不足になりやすいデスクワークの方、立ちっぱなしの時間が長い方は筋肉の刺激が少なくむくみやすいわけですね。

 

体の冷え

また、リンパ管は左鎖骨下静脈と合流して心臓へ戻る仕組みとなっています。そのため、冷えなどは血管を収縮させ巡りを停滞させてしまうため、リンパの流れにも悪影響です。

 

自律神経の乱れ

ストレス、睡眠不足といった生活は自律神経のバランスを乱してしまいます。自律神経の働きは体を休める、働かせるといった基本に関わり、これによって体の組織や細胞の活動を促しているため、このバランスが乱れることはリンパの流れにも悪影響だと考えられています。

 

そのため、エステサロンでは、丁寧なハンドマッサージなどを中心として、リンパに働きかけることで血流を良くし、老廃物を除去して、リンパの流れをスムーズにして、むくみを撃退するのです。

 

リンパの流れが悪くなることで表れる症状

リンパの流れが悪くなることでむくみが起きやすいというのは知られていますが、他にも冷え、肩こり、肥満やセルライトといった悩みも招く可能性があります。
リンパは体内の脂肪を回収する働きもあり、これらも老廃物と共に排出して浄化していきます。この流れが悪くなることで、脂肪がと老廃物が結合することで頑固なセルライトになってしまうなど、リンパの流れが悪いというのは女性にとっては問題が大きいです。

 

リンパの流れを良くするには?

リンパの流れを良くするには

  • 運動不足を解消する
  • 滞った流れをスムーズにするリンパマッサージ
  • 着圧ストッキングなど循環サポート
  • 体を冷やさない習慣
  • 水分補給

むくみ対策の基本とも言えますが、むくみと関係が深いリンパの流れを良くする上では上記が基本となります。
特に年齢を重ねるごとに運動をしなくなる方が多く、インターネットの普及により、仕事内容もデスクワークが増えていますので、長い時間動かないという方は多いです。

 

その結果、巡りが悪くなり、末端が冷えてしまうなどの悪循環を招いてしまいます。
リンパの流れを良くするには体を温め、代謝力を高める、そしてリンパ液の基本でもある水分をしっかりと補給した上で、外部からのケアを行ってリンパの流れを促すことが大切です。

 

圧迫療法は圧迫包帯や圧迫ストッキングなどを用いて外部から圧力をかける治療法で、深部静脈血栓症を予防し、静脈不全による浮腫の治療に優れた効果がある医療目的が発祥のアイテムです。

 

また、温熱治療は筋肉を弛緩させてセルライトのような老廃物の排出を促進させ、血液やリンパの循環を活性化させる治療方法であります。

 

リンパマッサージで流れを向上させる

リンパの流れを良くする、もしくは顔や足がむくんでしまったという時にもリンパマッサージはおすすめですね。
強く揉む必要はなく、リンパ節の場所を意識しながらさするように流してあげることで、滞りが緩和されます。

 

>>むくみ対策のマッサージ・リンパマッサージ

 

まとめ

むくみは余分な水分が溜まるというのが原因とされていますが、この状態にもリンパが大きく関わっていることがわかりました。
また、リンパは老廃物の排出だけでなく、免疫器官として私達の体を守ってくれている存在でもあり、流れが悪くなることは健康的な体を保つ上でも良くありません。

 

リンパはお風呂やマッサージ、運動といったものを取り入れることで巡りを促すことができますので、最近運動不足、シャワーばかりで湯船に浸かっていないという方はゆっくりとお風呂に入る時間を持つといったリラックスすることを意識してみることもむくみ対策では大切なポイントです。

 

 

 

>>TOPページへ


関連ページ

顔がむくむ原因は?
顔がむくんでしまう原因を知ることで慢性的なむくみの悩みを解決できる可能性があります。顔のむくみの原因を解説しています。
脚のむくみの原因とは?
脚のむくみの原因について解説しています。ふくらはぎ・足首・足先のむくみなど多くの方が感じやすい足のむくみ対策の知識をご紹介します。
全身のむくみの原因とは?
全身のむくみの考えられる原因について解説します。病気が影響しているむくみと生活習慣による一過性のむくみとの見分け方のポイントについてもご紹介しています。
むくみの原因は水分不足?
むくみの原因には個人差がありますが、様々な原因から引き起こされます。水分不足によってむくむという説がありますがこの説について解説します。
塩分の摂り過ぎがむくみの原因になる理由
なぜ塩分の摂り過ぎがむくみの原因となるのか?という疑問について解説しています。
むくみの原因は腎臓にあるって本当?
むくみの原因は様々ですが、その中の一つに腎臓の機能の低下などによって起きているケースがあると言われています。病気にも繋がる可能性があるので、注意が必要です。
むくみは頻尿が原因?
むくみは頻尿が原因になることはあるのか?という疑問に対して解説します。
効果的にむくみをとってくれる成分とは?
むくみが気になる時に取り入れたい栄養や成分について解説しています。むくみ対策に効果を発揮してくれる成分を知ることでサプリメントや食品選びの参考になります。
むくみを解消に役立つ食べ物とは?
むくみを解消を目指す上で意識したい食べ物について解説しています。むくみの根本的な改善は体の内側を整えることがとても大切です。
むくみと頭痛の関係
むくみと頭痛の関係について解説します。むくみを引き起こす頭痛の正体やその原因となる生活習慣をチェックしましょう。
むくみと眠気の関係とは?
むくみと眠気の関係について解説します。睡眠不足によって起きるむくみの症状やむくみと共に感じる眠気の考えられる状況や症状についてご紹介しています。
むくみと便秘は関係とは?
むくみと便秘の関係性や影響について解説しています。便秘とむくみをどのように解消したら良いかわからないという方に役立つ情報を掲載しています。
クインケむくみとは?
クインケむくみ(血管性浮腫)と呼ばれるむくみについて原因や症状の特徴、対処法について解説しています。