むくみ 便秘

MENU

むくみと便秘は関係あるの?

むくみ|便秘

むくみと便秘は、関係ないようにみえて相互に関係しています。逆に便秘がちな方はむくみを感じやすいとされています。

 

体がむくんでいると、血流やリンパ液の流れが悪くなり、新陳代謝にも影響を与えます。また、同様に便秘になっても、おなかのまわりの血流がよくないために、新陳代謝が悪くなります。

 

食生活による影響で便秘とむくみを招く

偏った食生活で野菜不足など食物繊維が不足している場合、血液の流れが悪くなるため、むくみを招きやすくなる他、腸内環境が乱れてしまい、むくみと便秘の両方を引き起こしやすいと考えられています。

 

これは腸内で本来排出されるべき便が溜まってしまい、ガスを発生させ腸の働きを鈍らせてしまいます。
これによってお腹周りの血行やリンパの流れも滞りやすくなるため、むくみやすくなってしまうわけですね。

 

腸むくみも存在する

また顔や手、脚といった箇所のむくみだけでなく、内臓のむくみというのも存在します。これは他の箇所と同様に巡りが悪くなり、水分や老廃物が停滞することで、水分が胃腸周りの細胞間に溜まることで起きむくみとなります。この状態になると、胃腸の働きを鈍らせてしまうことにも繋がり、便秘にもなりやすいと言われています。

 

腸内の健康は体の健康を作る上でも重要です。デトックスなど体の毒素や不要なものを排出する上で便の排出は欠かせません。
逆に便秘になることで、不要な老廃物や不要なものが溜まり、むくみを招くことにも繋がります。

 

むくみと便秘を解消するには?

便秘とむくみはどちらかを解消するというよりも一緒に解消を目指すことが基本です。

 

例えば、お腹回りのむくみを解消することで、便通をよくすることができ、また便通をよくすることでもむくみを解消するといったそれぞれが密接な関係だからですね。

 

食事による解消

便秘を解消するためには、食物繊維や乳酸菌の豊富な食事を意識しながら、バランスの良い食事を摂りましょう。
むくみも塩分過多な食事といった偏った食生活の影響は大きく、血液自体がドロドロとした状態になってしまいます。

 

巡りの良い状態を作るためには何かの成分や栄養を沢山摂ることよりも、バランス良く栄養を補給することが基本です。

 

便秘対策の基本でもある腸内の乳酸菌をふやすためには、オリゴ糖を一緒に摂取することもおすすめですが、ヨーグルトなど身近な食品や野菜など食物繊維が多い食材をしっかりとメニューに取り入れましょう。

 

自立神経を安定させる生活習慣

自立神経の乱れは内臓の働きを停滞させ、便秘などを引き起こすと考えられています。
睡眠不足やストレスといった現代人に多い状況は自律神経のバランスを乱しやすいため、しっかりと休息できる時間を取ることが重要です。

 

また、ストレスは睡眠によって緩和させられることがわかっているため、ストレスを感じやすい方は、しっかりと睡眠を取ることを意識しましょう。

 

運動不足を解消・マッサージで腸を刺激

まず、むくみをとる方法としては、ひとつはマッサージをすることです。お風呂あがりなど、体温が上がっている時に行うのがおすすめです。お風呂から出てから、お腹回りをゆっくりとぐるぐる手のひらでマッサージをします。

 

そうすることで、お腹の血流をよくすることができるとともに、腸の蠕動運動を促すことにも繋がります。

 

さらに滞ったリンパの流れを良くすることにも繋がり、筋肉をほぐすことにも繋がるため、睡眠の質も高まりますし、むくみの予防にも繋がります。

 

運動不足になりがちな方は腹筋などが衰えることで、腸内への刺激である蠕動運動を鈍らせてしまいます。
便秘の大きな原因と言われているのもこれが理由ですし、むくみの原因としても運動不足は影響します。

 

また、ウォーキングをすることでも、ふくらはぎの筋肉をきたえることができ、ふくらはぎはお腹とつながっているため、お腹の血流をよくすることができます。
ふくらはぎは下半身の血液循環のポンプ役ですので、ここの筋肉を刺激することはむくみ解消にも役立ちます。

 

そのため、少しでも体を動かす時間を作る、もしくは通勤の時間に歩くことを意識するといったことが大切です。
運動をするとストレスの緩和や自律神経の安定にも繋がりますので、便秘とむくみの両方があるという方は注目してみてください。

 

水分の摂り方を考える

寝る前に水分を沢山摂って寝ると、水分が排出されず体内に溜まってしまいます。そのためむくみがちな方は水分補給を控えている方は多いのですが、この水分不足によって血液中で水分を抱え込もうとする働きが起き、むくみやすくなってしまうケースがあります。

 

また、水分が不足すると血液中の水分量が低下して、流れが悪い血液になってしまうため、水分は適度に補給することが大切です。
便秘の方も水分不足なことが多く、ダイエットなど栄養や水分が不足しやすい行動を摂って便秘になってしまったという経験をされている方は多いのではないでしょうか。

 

まとめ

女性はむくみを感じやすいですが、便秘でお悩みの方も多いです。これは男性と比べると筋肉の量が少ないことも影響しています。
さらに冷えも感じやすいため、腸の働きを鈍らせ、さらに血液の循環も停滞させ、便秘とむくみを招いてしまっていることが多いです。

 

バランスの良い食事と適度な運動、リラックスできる時間を持つという健康維持の基本でもありますが、この基本を行うことで、両方が解消したという方はとても多いです。

 

腸内は免疫に関する働きも担っており、さらにリンパも免疫器官です。この二つの働きに影響を与える便秘とむくみは健康維持の面でも悪影響になってしまいます。

 

代謝能力が低い人は免疫力が弱く、よく風邪を引いたり、むくみやすい体質である傾向があります。

 

乳酸菌も一緒に摂れるむくみ対策サプリ!

 

 

>>TOPページへ


関連ページ

顔がむくむ原因は?
顔がむくんでしまう原因を知ることで慢性的なむくみの悩みを解決できる可能性があります。顔のむくみの原因を解説しています。
脚のむくみの原因とは?
脚のむくみの原因について解説しています。ふくらはぎ・足首・足先のむくみなど多くの方が感じやすい足のむくみ対策の知識をご紹介します。
全身のむくみの原因とは?
全身のむくみの考えられる原因について解説します。病気が影響しているむくみと生活習慣による一過性のむくみとの見分け方のポイントについてもご紹介しています。
むくみの原因は水分不足?
むくみの原因には個人差がありますが、様々な原因から引き起こされます。水分不足によってむくむという説がありますがこの説について解説します。
塩分の摂り過ぎがむくみの原因になる理由
なぜ塩分の摂り過ぎがむくみの原因となるのか?という疑問について解説しています。
むくみの原因は腎臓にあるって本当?
むくみの原因は様々ですが、その中の一つに腎臓の機能の低下などによって起きているケースがあると言われています。病気にも繋がる可能性があるので、注意が必要です。
むくみは頻尿が原因?
むくみは頻尿が原因になることはあるのか?という疑問に対して解説します。
効果的にむくみをとってくれる成分とは?
むくみが気になる時に取り入れたい栄養や成分について解説しています。むくみ対策に効果を発揮してくれる成分を知ることでサプリメントや食品選びの参考になります。
むくみを解消に役立つ食べ物とは?
むくみを解消を目指す上で意識したい食べ物について解説しています。むくみの根本的な改善は体の内側を整えることがとても大切です。
むくみとリンパの関係
むくみとリンパの関係についてリンパ液の基本的な働きを交えて解説しています。
むくみと頭痛の関係
むくみと頭痛の関係について解説します。むくみを引き起こす頭痛の正体やその原因となる生活習慣をチェックしましょう。
むくみと眠気の関係とは?
むくみと眠気の関係について解説します。睡眠不足によって起きるむくみの症状やむくみと共に感じる眠気の考えられる状況や症状についてご紹介しています。
クインケむくみとは?
クインケむくみ(血管性浮腫)と呼ばれるむくみについて原因や症状の特徴、対処法について解説しています。